ロゼッタストーンが説く英語を話せる人と話せない人の違いとは?

good-1122969_640 (1)

ロゼッタストーンのニュースレターで面白いテーマが取り上げられていたのでここに紹介します。テーマとはずばり「英語を話せる人と話せない人の決定的な違い5つ」。あなたはこれに当てはまっていませんか?

英語が話せる人と話せない人の特徴

1、話せる人=「間違ってもいいからチャレンジ」、話せない人=「間違えたら恥かしい」

心当たりがある人は多いんじゃないでしょうか。確かに最初のうちは英語を話すのは恥ずかしいですよね。

頑張って話したのに通じなかったらどうしようとか、文法は正しいだろうか、みんなに笑われないだろうかなどと心配しだすと、なかなか喋ることができなくなりますね。

その大きな原因はもともと日本人が恥ずかしがり屋であるというのと、日本人同士で英語を勉強させていることにあるんじゃないかと思います。

日本人の先生相手に英語を話すということ自体が滑稽で、日本語が通じるのにわざわざ外国語でコミュニケーションを取ろうとすること自体がナンセンスだからです。

しかしたとえ恥ずかしがり屋の人でもネイティブ講師と勉強すれば、恥ずかしいなどとは言っていられなくなります。

コミュニケーションの手段が英語しかないからです。そういう環境に身をおけばいつのまにか英語を話すことにも抵抗が薄れていくはずです。

2、話せる人=「その場のシチュエーションで英語を理解する」、話せない人=「何でもかんでも日本語に訳す」

これも多くの人に当てはまるんじゃないでしょうか。英語のあの表現は日本語でなんていうの? 英語の~って日本語に訳したらなにになるの?といった考えが捨てられないうちは、いつになっても上手く喋れませんね。

それ以外にも英語を日本語に、日本語を英語に訳すことのデメリットは、理解するまでに時間がかかることです。いちいち翻訳していたら、スピーディーな会話についていくことはまず無理です。

そうならないためにはやはり感覚的に英語を身につけていくことが必要ですね。その場、その場のシチュエーションでどういう表現を使うのが適しているのかが分かれば、自然と英語のフレーズが出てくるはずです。

3、話せる人=「知っている単語を駆使して何とか伝えようとする」、話せない人=「つい日本語を使おうとしてしまう」

翻訳してしまう人につながる部分がありますが、日本語で考えてしまうと会話中にも英単語が出てこないと、つい日本語で言ってしまいがちです。

もちろんそれでは日本語を理解しない相手に通じるわけがありません。それを分かっていながらも日本語を使ってしまうのは、相手に通じるかどうかより、自分の言いたいことを表現することを優先してしまっているからです。

つまり自己中心的なコミュニケーションになっているのです。逆に話せる人は、自分のボキャブラリーの中から言葉を選んでなんとか英語で伝えようとします。相手にとってはそのほうが意図が読み取りやすいですよね。

4、話せる人= 「時間を作る努力をし勉強の機会を増やす」、話せない人=「自分で勉強する時間を持たない」

これは耳が痛い言葉ですね。確かに継続して英語を勉強する時間を作ることはとても難しいです。学校に行きながら、仕事をしながら、その合間に英語のために毎日30分でも1時間でも時間を確保するのは大変なことです。

しかしその大変な作業を継続しているからこそ、英語が上達するんですよね。英語の勉強に近道はありません。

ただ、やるかやらないかだけです。英語が話せる人は確かに自分から積極的に英語教材を買ったり、英会話教室に通うなど努力していますね。

5、話せる人=「話すチャンスを探す」、話せない人=「話すチャンスを待つ」

英語が話せる、話せないの分かれ道は結局どれだけ「場数」を踏んだかだと思います。頭では分かっていても、実践を経験していないとなかなか咄嗟のとき英語は出てきません。

しかし日本では英語を話すこと自体が自然の成り行きで起こることは稀です。

いつか外国人と友達になったらなどと暢気なことを考えていたら一生そのチャンスはやってこないかもしれません。

それならそうと、自分から外国人がいるところに飛び込んでいく。英会話のクラスに参加する、ネイティブの人たちと交流するといったような行動を起す必要がありますね。

まとめ

ロゼッタストーンが考える「英語ができる人とできない人の違い」はいかがでしたでしょうか。もしいくつも自分にあてはまる項目があったら、自分を変えるために行動するべきです。

5つの違いを読んでみて気づいたことは、できる人とできない人の違いの大きな分かれ道は「行動力」だということです。

英語を覚えるために積極的に、ときには貪欲に行動するということが日本人には欠けているのかもしれません。