ロゼッタストーンの英語が子供に効果的な5つの理由

baby-84626_640

ロゼッタストーンの英語は大人はもちろん子供にも最適な勉強方法です。では一体どうして子供がやるべきなのでしょうか。その理由をまとめてみました。

1、ゲーム感覚でできる

rooo

子供に英会話や英語教室に通わせる親は少なくないですが、日本では子供のときから文法ばかりをやらせる傾向にあります。

学校によっては英検などの資格を取得させることで満足感を与え、テストで点を取ることが目的となってしまいがちです。

しかしそんな方法で英語に取り組んでいても子供はまず英語を心から好きにはならないでしょう。なぜならそれは子供にとってあくまでも「勉強」に過ぎず、それではちっとも面白くないからです。

それに対してロゼッタストーンの手法はまるでレベル1から始まるゲームそのものです。次々とレベルをクリアし、自分の経験値を積むことで、より難易度が上がっていく感覚は子供もきっと楽しめるでしょう。

2、わざわざやり方を教える必要がない

ros

ロゼッタストーンは最初にアカウントを作成したら、あとはカリキュラムに沿って進んで行けばいいので子供でも難しい設定や操作は一切ありません。

ユーザーは基本ネイティブ講師の音声を聞き取るか、マイクに向かって喋るか、正しい解答を選択するだけです。ライティングでは単語やフレーズをタイプしますが、それも指示に従ってやればいいだけです。

子供が一人でできるので、親が側についていてあげる必要もなく、親からしてもとても助かるはずです。

毎日午後5時から6時まではロゼッタストーンの時間といったように時間を決めて宿題のようにやれば、みるみるうちに一人で上達するはずです。

3、理屈ではなく感覚で学べる

core2

ロゼッタストーンはよりネイティブの感覚に近づくための教材で日本語訳は一切使いません。それどころか複雑な文法を解説することもしません。

それよりもネイティブを真似ることに重きを置いているので、感覚で言葉を覚えていくことに長けた子供にはぴったりなのです。

そのためロゼッタストーンを続けていれば、子供ならすぐにりんごの写真を見たら「apple」、魚の写真を見たら「fish」といった単語が自然に出てくるようになるでしょう。

4、子供のうちにネイティブの発音を覚えたほうが絶対有利

aizu

ネイティブの感覚や発音を身に着けるには早ければ早いほうがいいです。大人になると英語をどうしても理屈で覚えようとして、逆に時間がかかってしまったり、最悪の場合英語そのものに嫌気をさして辞めてしまったりします。

そうならないためにも子供のうちから英語はできるだけシンプルに学ぶことがいいです。子供のときに基本さえ掴めば大人になってからも英語に対する苦手意識が消えるはずです。

特に発音をネイティブと同じ音で再現する作業は大人になるとできなくなります。しかし子供のときなら、それほど難しいことではありません。大切なのは子供のうちに英語に触れる機会を与えてあげることです。

5、子供が喜ぶ機能が盛りだくさん

game5

ロゼッタストーンTOTALe(トターレ)総合コースには子供が喜ぶ機能が盛りだくさんです。

語学力を磨ける各種ゲーム、世界中の人たちと話ができるチャット、ストーリーを聞きながら、自分のリーディングスキルをアップさせる読書機能など、子供なら夢中になって一日中遊んでしまいそうな機能が完備されています。

その全てが使い放題なのでやればやるだけ英語が上手くなるでしょう。もちろんこれらの機能は大人が勉強するのにも最適です。子供に限らず楽しみながら英語が勉強できればきっと早く上達しますよ。