ロゼッタストーン英語版をおすすめできる人とそうでない人

この記事は 約4 分で読めます。

stone

ロゼッタストーンの英語版は優良の英語教材なのか。買う前に多くの人が悩んでいると思うので、ここでおすすめできる人とそうでない人のタイプを分けて紹介したいと思います。

ロゼッタストーンをおすすめできない人

1、何をやっても飽きっぽい人

今までいろんな英語教材を試してきたけど、どれもすぐに辞めてしまった、という人はおそらくロゼッタストーンを買ったところで何も変わらないと思います。

そういう人たちは、教材をただやれば英語が話せるようになる、といったような甘い考えの人たちが多く、なかなか上達しないと面白くなくなって辞めてしまうのです。

英語の勉強は基本楽しいものです。しかしもちろん楽しいだけじゃなく、勉強の苦しさや煩わしさも伴うでしょう。それを乗り越えられない人にはおすすめできません。

2、誰かに教えてもらわないとできない人

英語は人から教えてもらうもの、あるいはコースを修了すれば自然に話せるようになっているはず、といった考えの人は、ロゼッタストーンに限らずどの教材をやっても、どんな学校に行っても上達は難しいでしょう。

結局は自分に強い意志と意欲がなければ、外国語は覚えられないからです。

ロゼッタストーンもただ最初から最後まで目を通せばいいだけではありません。積極的に分からない言葉を調べ、発音やリスニングの練習を繰り返し、スキルアップを図っていかなければどうにもなりません。

レッスンは大変分かりやすく、気づかないうちにレベルアップするような仕組みになっていますが、それでも自立心ややる気は必要不可欠です。

3、すぐに結果を求める人

「ただCDを聞くだけでペラペラになる」とか、「たった20日間でネイティブのように話せるようになる」といったキャッチコピーを信じてしまうような人は、ロゼッタストーンをやることで現実を見せ付けられるでしょう。

全く英語ができない成人した大人が、たとえどんな優れた教材を使っても、どんなに優れた講師に教えてもらっても、数日でペラペラになることなんて不可能です。

そういう情報に踊らされるようなタイプはロゼッタストーンでじっくり勉強していくことには向いていないでしょう。

ロゼッタストーンがおすすめできる人

1、英語に興味のある子供

自信を持っておすすめできるのが子供です。子供は文法などにとらわれずに自然に言葉を学ぶことができるので、日本語を全く使わないロゼッタストーンのメソッドは最適です。

また、ロゼッタストーンのレッスンは画像や音声を使ったゲームのようなものなので、子供でも遊びながら勉強することができます。

ロゼッタストーンは一度買うだけで、複数のアカウントも作れるので家族で一緒にやるのもいいでしょう。親と子供が一緒に始めたら、子供のほうがみるみる上達していくかもしれません。

>>ロゼッタストーンの英語が子供に効果的な5つの理由

2、時間をかけて勉強する気のある人

英語の勉強は長い道のりです。たとえある程度できるようになっても、突き詰めようと思えば世界はどんどん広がり、その都度勉強することは山ほど出てくるでしょう。いわばライフワークなのです。

一時期だけ集中して勉強しても、いずれやめてしまえば単語や会話の仕方は忘れてしまうものです。そうならないためにも焦らずじっくりやっていくことが大切です。

ときには簡単な初級レベルを繰り返すこともあるでしょう。上級レベルがなかなか理解できないで行き詰ることもあるかもしれません。それでもしっかり自分が理解するまでやらないと気がすまないという人にはロゼッタストーンはぴったりです。

3、自分で勉強することが好きな人

自分の好きな時間に、好きなだけ勉強したいという人にはロゼッタストーンはもってこいです。学校に通う必要もなければ、レッスンを予約する必要もありません(グループレッスンは要予約)。

初級レベルから全レベルを攻略するのもいいし、自信があれば上級レベルから始めることもできます。

自分の苦手なレッスンを何度も繰り返すこともできるし、得意なレッスンをスキップすることもできます。

全てはあなた次第で、どうにでも自分の学習プランを立てることができるので、一人で勉強することに慣れている人には、ロゼッタストーンは理想の勉強方法です。