ロゼッタストーンの初期設定、ユーザー作成からマイク設定まで

この記事は 約3 分で読めます。

rose2

ロゼッタストーンって一体どんなものなの?という人のために実際にスタートからの手順を紹介したいと思います。なによりとにかくやってみるのが一番ですので、登録画面などの様子と共にやり方をまとめてみました。

1、ユーザー作成

まずはユーザーを作成しましょう。スピーチ機能がより正確にあなたの声を認識するためにも性別を正しく選択しましょう。

表示名は本名ではなくいわゆるハンドルネームでOKです。生年月日も適当で大丈夫でしょう。

rose2

2、コースの選択

次にコースの選択画面に移ります。ここでは以下のコースに分かれているようです。

・読解・ライティング・会話・リスニング

・読解・ライティング・会話・リスニングー拡張

・会話・リスニング(推奨)

・読解・ライティング

roo2

会話以外を選択すると、「文字・音声の簡単な練習を追加する」というボックスが選択できるようになります。どのコースから始めるのもいいですが、やはり最初は推奨されている会話・リスニングから始めるのが一番いいのでしょう。会話・リスニングから始めるとプログラムの使い方を自然と覚えられるのでおすすめです。

3、レベル1を今すぐ開始

いよいよレベル1のレッスンがスタートします。

rooo

ユニット1にカーソルを合わせると、コアレッスンという文字が表示されます。

unit2

所要時間は30分です。「レベルを1を今すぐ開始」をクリックすると、マイクの設定画面に移ります。

ロゼッタストーンのやり方、レベル1を実際にやってみた
ロゼッタストーンの授業内容というのは一体どんなものなのか。レベル1をやってみたので、その内容を実際の授業風景とともに紹介します。 「ロゼッタストーンの進め方、ユーザー作成からマイク設定まで」でコースの設定方法を紹介しましたが、...

4、マイクの設定方法

mic

まずはマイクの選択画面が出ますので、マイクを装着しましょう。万が一マイクを持っていない場合は、「音声機能を使わずにこのセッションを続ける」という選択肢もありますが最大限ロゼッタストーンの特徴を生かすには絶対にヘッドセットは用意するようにしましょう。

次にヘッドセットを装着し、「続行」をクリックします。ヘッドホンから音が聞こえるので、それに合わせて「1,2,3,4,5」と声を出してチェックします。ただのテストなので英語でも日本語でも構いません。

mictest

マイクが正常に作動したら、「マイクが正しく設定されました。設定を保存するには「続行」をクリックします」といった文章が表示されます。

mictest2

もしマイクが認識されない場合は、「コンピューターにマイクが見つかりませんでした。マイクを接続してもう一度実行するか、音声機能を使用しないで続けてください。」という注意が表示されます。

mic3

この場合、マイクに問題があるか、マイクが正しくセッティングされていない可能性があるのでマイクのコードを一度パソコンから抜いて差し直してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました